社員憲章

我々FSI社員は、労働集約型で開発・構築が主体であった従来のITベンダとは一線を画した、RI(リソースインテグレーション)とCUS(継続的アップグレードサービス)という新しいビジネスモデルの展開と普及の役割を担う。

顧客に対して、ダイレクトに働きかける提案と継続的サービスは、広い業務知識、高い技術力、深い洞察力、そして市場心理を読み取れる感受性が不可欠である。

しかも、我々が最終的に顧客を満足させるものは総合的で継続的なビジネスパートナーとしての貢献であって、単なるプログラムや保守という商品ではない。

我々の企業としての原点は、常に顧客の利益、顧客の繁栄を願う心であるが、そうは言っても、ただの顧客の命じるままに従う事は奴隷であって、パートナーの振る舞いではない。顧客にとって良かれと思える事は信念を持って提案し、具体的な行動として示していかなくてはFSI社員としての我々は評価されない。

顧客にとって良かれ、自分にとって良かれ、会社にとって良かれの三者最良主義(3Bests)の精神が最も重要であり、このバランスを保つ事に知恵と努力を惜しんではならない。

我々は、機敏な行動力でチームとして問題解決を行う、明るく爽やかな『ナイス・ガイ』、『タフ・ガイ』を行動様式の指標とする。もちろん、そのような我々を支えるものは、我々の技術力への自信、我々の社員相互の信頼、そして我社への誇りである。

我々は、FSI社員として無限の可能性を信じ、新たな製品やサービス、あるいは新たなマーケットにも積極的にチャレンジし、この分野でのリーディングカンパニーとして、日々精進を重ねなければならない。