社長メッセージ

フラクタルシステムズは、コンピュータソフトウェアの開発とサービスを通じて社会に貢献することを目的として設立しました。プロフェショナルとして必要な技術だけでなく、それに「もてなす気持ち」、「思いやりの心」が加わる事によって、技術を真に人のために役立つものに開花させてくれるのだと考えています。

また、フラクタルシステムズは「挑戦」と「継続」という一見相反するテーマも大切にしています。常に、新しい技術を調査、研究する、未知の分野や業務に対し真摯に挑む。また、従来の技術に対しても、異なる視点や価値観で見つめ直してみる。つまり、偏見や既存の概念にとらわれず、科学的、論理的に検証し、別の方法論も模索する。こういった姿勢が、社員個人、会社、顧客との関係において、とても重要だと考えます。

さらに、「継続」というテーマは、単に企業の存続ということだけではありません。顧客企業へ導入した製品やシステムは、その企業にとって重要な資産となりますが、ソフトウェア資産は、OSなどの基本ソフトのバージョンアップ、あるいは他企業との競合状況の中で、直ぐに陳腐化するナマモノです。ですから、顧客企業(ユーザ)と開発元とが協力し、維持、成長させていかなくてはなりません。従来のソフトハウスのように開発、導入したら業務終了ではなく、むしろ本番稼動からが大事なのだと考えています。

フラクタルシステムズは、顧客が弊社を選択していただいた事を誇りに思うと同時に、その投資を長期間に渡り保護し、開発したソフトウェアシステムによって、ビジネスをより拡大していただく事を最大の目的としています。

フラクタルシステムズ株式会社 代表取締役社長 中川正弘