働き方改革

TOKYO 働き方改革宣言企業に承認されました


フラクタルシステムズ株式会社では、ワークライフバランス向上のため、管理体制の見直しや新たな制度の導入など様々な改革を進めてきました。
長時間労働の削減および年次有給休暇の取得促進に向けて全社的に取り組んでいます。
このたび目標および取組内容を定めて働き方改革宣言を行ない、2018年1月26日に「TOKYO働き方改革宣言企業」として承認を受けました。

宣言内容

従業員のライフワークバランスの推進を目指して、働き方改革に全社的に取り組みます。

働き方改革宣言書はこちら

フラクタルシステムズ「働き方改革」の目標


  • 所定時間内に成果が出せるよう、個人の能力向上と生産性を高め、効率的な働き方を考え行動し、時間外労働(残業)ゼロを目指します。
  • 全社員が積極的に休暇を取得できるような職場の風土を作り、有給休暇取得率70%を目指します。

フラクタルシステムズ「働き方改革」の取組内容


  • 残業事前申告制度を徹底します。
  • 定期的な管理職による面談を実施し、必要に応じて業務分担の見直しを検討します。
  • 私的理由による勤務時間変更など、柔軟に個別対応し、ライフワークバランスを重視した働き方を承認します。
  • 計画年休制度や各職場環境に合わせた有給休暇取得推進日の設定など、休暇を取りやすい雰囲気を作ります。
  • 福利厚生施設の紹介を定期的に行い、有給休暇活用の推進をします。