1. HOME
  2. 会社案内
  3. 会社情報・沿革

会社案内

COMPANY

会社情報・沿革

Philosophy

会社情報

正式社名 フラクタルシステムズ株式会社
Fractal Systems Inc.
所在地 〒102-0075 東京都千代田区三番町6番26号住友不動産三番町ビル
地図
電話番号 03-5275-7760(代表)
FAX番号 03-5275-7762
設立日 1997年3月12日
資本金 1億円(資本準備金:2億2,250万円)
代表者 代表取締役社長 中川正弘
取締役 常務取締役 髙田悟
取締役 秋野京子
業務内容 金融情報系システムの開発・提供
金融系オンライントレードシステム開発・提供
EC(電子ショッピング)サイトの開発・構築
アプリケーションの開発・技術支援
SalesForceでの開発・技術支援
Webサイト構築・運用・保守業務
金融学習サイト「マネべる」の運営
広告代理業務
取引銀行 三菱UFJ銀行
りそな銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三菱UFJ信託銀行
東京東信用金庫
加入団体 東京商工会議所
関東ITソフトウェア健康保険組合
ITパートナー会
オラクルパートナー
東京商品取引所認定ISV
日本仮想通貨ビジネス協会
組織図

沿革

1997年03月 米国コンカレント社・新日本製鉄社の合弁会社コンカレント日本の1部門5名で会社設立。同社との間で、全債権・債務の譲渡売買契約を締結する。
1997年04月 本格的営業を開始。商品先物情報システム製品「ASTRO」を販売、保守業務を行う。
1997年04月 ORACLEオープンワールドにJava版商品先物情報システム製品「Zodia」を参考出品。
1997年07月 本社所在地を台東区から千代田区岩本町に移設。
1998年07月 商品先物取引ホームトレード製品「Web Trader」、Web版情報システム「Zodia」をリリース。
1998年10月 本社所在地を岩本町内のハーブ神田ビルに移設。
1999年01月 Webアプリケーション開発会社「ハイパーデザイン株式会社」を100%子会社として設立。
2000年07月 外国為替取引ホームトレード製品「Web Trader FX」をリリース。
2001年04月 ソシエテジェネラル証券殿向け「SGオンライン」本番開始。
2001年06月 商品先物情報システム製品「ASTRO」を全面的に刷新した新製品「ASTRO2000」をリリース、既存顧客には無償でバージョンアップ。
2001年07月 証券取引ホームトレード製品Web Trader Stock(Unix/Oracle/Web Logic版)リリース。
2003年01月 Webアプリ開発に実績の100%子会社「ハイパーデザイン株式会社」を併合する。
2004年01月 商品先物取引向け、社内受発注管理システムをリリース。
2006年02月 第一回第三者割当増資を実施し、資本金を7,260万円、資本準備金を5,000万円とする。
2006年07月 東京工業品取引所のISVベンダーとして認定される。
2007年01月 第二回第三者割当増資を実施し、資本金を1億6,510万円、資本準備金を1億4,250万円とする。
2007年03月 株式会社インタートレードと資本提携を含む業務提携を開始。
2007年03月 第三回第三者割当増資を実施し、資本金を2億4,510万円、資本準備金を2億2,250万円とする。
2009年07月 FXオンライントレードシステム「U-Forex1」が日本オラクル社のアプリケーション部門のアワードを受賞。
2010年04月 本社所在地を千代田区神田須田町の住友不動産ビルに移設。
2011年01月 東京金融商品取引所くりっく365サービスの直結システム「U-Forex1TFX」をリリース。
2011年08月 本社所在地を千代田区三番町の住友不動産ビルに移設。
2013年10月 キュレーション事業部を新設し、広告マーケティングビジネスに参入。
2014年01月 キュレーション事業部において、金融学習サイト「マネべる」をオープン。
2014年12月 東京金融商品取引所くりっく365株サービスの直結システム「U-Forex1TFX(CFD)」をリリース。
2016年07月 SES事業を統合し、ソリューション開発部、セールスフォース・グループを新設。
2017年01月 既設のセールスフォース・グループを部に昇格。
2019年1月 イノベーション部を新設。
2019年04月 新人向け社内研修を担当するセクションとして「F・カレッジ」を新設し、6ヶ月間研修を開始。
有給休暇付与を従来の入社6ヶ月経過後10日から、1ヶ月経過後5日、6ヶ月経過後5日に変更。
2020年01月 先端ソリューション事業部を発足。セールスフォースを1部と2部にし、イノベーション部との3部体制にする。