人権に関する基本方針

Human Rights

フラクタルシステムズ株式会社は、「Technology and Hospitality」という企業理念のもと、社会に貢献する企業として、人権尊重の重要性を強く認識し、国連人権理事会で合意された「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、人権方針を策定します。

人権に関する約束

フラクタルシステムズ株式会社の役員、従業員は、企業活動のあらゆる場面において人権を尊重することで、持続可能な社会の発展に貢献します。

労働環境整備

労働関連法令及び社内諸規程を遵守し、労働時間管理の徹底と、従業員の安全と健康の確保により、快適な職場環境の構築に努めます。

多様性の重視とハラスメントの禁止

あらゆる差別やハラスメント行為を防止するため、社外相談窓口を設置し、相談しやすい環境を構築します。

プライバシーの権利

個人情報に関する法令・ガイドラインを遵守し、プライバシーを尊重します。

取引先との関係

不正競争防止法、下請法等、企業活動に関する諸法令を遵守します。
顧客にとって良かれ、自分にとって良かれ、会社にとって良かれの三者最良主義(3Bests)の精神が最も重要であり、このバランスを保つ事に知恵と努力を惜しみません。 

 

社内通報制度

人権を含むコンプライアンスに関する通報・相談窓口/業務管理部
ハラスメント相談窓口(社外)/全社員にメール通知及び相談カード配付

  • 電話相談  平日 10:00~18:00対応 (土日祝除く)
  • メール相談 (24時間対応)

※相談・通報に対しては、秘密保持を徹底し、通報者の特定につながり得る情報は同意なく第三者に開示しません。また、通報したことを理由として不利益な取扱いをしません。
2021年度において、経営に重大な影響を及ぼすような人権侵害や差別に関する通報・相談事例はありません。

フラクタルシステムズ株式会社
代表取締役社長 中川 正弘